GEN'S

小笠原 玄(Ogasawara Gen)
Designer+Director+illustrator 

NHKデザインセンターにて『坂の上の雲』『さよなら、アルマ』の美術チームを経て、『東海道中膝栗毛』では背景CGを担当。スペシャルドラマ『負けて、勝つ』と2013年大河ドラマ『八重の桜』でVFX制作を経たのちに独立。馬小屋の上に事務所を構える。映像のみならず、講談社や飛鳥新社等の出版社にイラストレーションの提供、アパレルブランドの図案作成を手がける。好きなものは演劇と映画と日本文化。趣味は中国雑貨輸入。

<制作実績(敬称略)>

・2022年
NFTマーケットプレイスORADA クリエイティブディレクション
・2021年
古民家セルフリノベーション
中央省庁 学習コンテンツアニメーション複数件
・2020年
多摩美術大学共同研究 美術模型製作
暗号資産交換業者(登録済み) 広報デザイン
・2019年
日本橋三越 カタログデザイン
東京オリンピック開会式演出プラン CG作成
・2018年
野村萬斎演出 『鷹姫』『楢山節考』 劇中映像作成
三越伊勢丹 カタログデザイン
・2017年
野村萬斎出演 『FORM』 音楽編集
杉本博司演出 文楽『女殺油地獄』 映像編集
こまつ座 広報デザイン(~2019)
・2016年
足利ファイバーテクノロジープロジェクト PV作成
映画『巣鴨塚』 編集・東京都写真美術館にて上映
・2015年
新大久保映画祭 web制作・動画作成
NHK BSプレミアム ドラマ『トランジスタ・ラジオ』 美術助手
・2014年
三井不動産 日本橋ブランディングシンボル映像作成
パナソニック 新デバイスPV作成